スマホゲームでiphoneが高熱に…

iphoneが高熱になるとバッテリー膨張し、壊れてしまう可能性があります。
一番良いのは何もせず熱が冷めるのを待ちましょう。特に原因として、負荷の高いスマホゲームだと高熱になる可能性が高いです。
特に最近のスマホゲームは大容量で、描写がきめ細かい物が多く、画面の光も派手なので、電池の減りも激しくなります。
ここで注意して頂きたいのが、電池の減りが激しいからと充電をしながらスマホゲームをする事です。
電池を充電し、更に放出も同時に行うので、ますます負荷がかかり、高熱になります。
バッテリー膨張にも繋がりますし、iphone自体が起動しなくなる可能性も考えられます。
iphoneが熱を持って暑い季節で熱が冷めるのに時間がかかる場合は、アルミ板の上に置いて放熱を促しましょう。
アルミ板は熱の伝導率が良いので、効率よくiphoneを冷やしてくれます。
もしくは扇風機にiphoneを当てても熱は下がります。パソコンのファンと同じと考えて頂くとわかりやすいでしょうか。
万が一、iphoneを高熱のまま使用して、バッテリー膨張を起こし、故障した場合は直ぐに修理に出しましょう。
そのまま使い続けると思わぬ事故にも繋がりかねません。怪我をしては元も子もありませんからね。
ただ、修理に出すと高額になってしまうので、普段から故障しないように心がけたいですね。
最後に修理が嫌な方は思い切ってワンランク上のiphoneに機種変更してみるのも良いですね。
iphoneの性能が良くなれば良くなるほど、スマホゲームの負荷に耐える事が可能になります。
機種変更の前にお店でスマホゲームが出来ないか店員さんに聞いて見て、試させてもらって高熱にならないか確認するのが一番良い方法ですね。購入前提なら店員さんも応じてくれる可能性は高いはずです。
色々なスマホゲームが出ていますが、あまり熱中され過ぎないようにバッテリーを労って使い続けたいものですね。
iphone修理は三宮のこちらがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です